キャノンオートボーイ

馬鹿チョンカメラの奔りでしょうか自動焦点、自動露光、
自動巻取をする簡単に使える35mmカメラが一般的になってきた。
この後、使い捨てカメラ、レンズ付フィルムへとフィルムカメラは
移行して行ったようです。
かなり小さくはなったのですが、何時も携行するカメラではなかった。
キャノンオートボーイ
先へ
戻る