スライド枠がズレるときは ブラウザの「表示」メニューで、文字サイズを「」にしてください。

203

第524回【お龍の墓】Cコース      2011/5/18 中平 勇

↓下の写真をクリックすると「名前入り」になります↓横須賀市営馬門山墓地・野村吉三郎書の上海事変戦死者之碑前にて

行程
京急浦賀線・京急大津駅・10時集合
大津駅→(15分)信楽寺(シンギョウジ)→(10分)信誠寺(シンジョウジ)
→(5分)大津諏訪神社→(15分)大津海防陣屋の石橋
→(20分)馬門山墓地→(15分)京急北久里浜駅
      歩程・80分
    担当・高橋/福山    写真・福山
天気晴朗気温23度湿度も23%、歩いても汗をかかないハイキング日和でした。
京急大津駅に下車すると「坂本龍馬の妻・おりょうさんの街・大津」
と大きなポスターが目に入る。大津町行政センターにも同様の垂れ幕あり、
駅前公園にて朝礼、
担当幹事より本日はお龍さんのお墓などお墓めぐりのハイキングです。

「お龍24歳、龍馬30歳の時結婚、結婚生活3年4ヶ月で龍馬が暗殺された。
その後お龍は各地を転々とし7年後西村松兵衛と結婚し横須賀大津に移り住む。
明治39年1月15日この地で死去、享年66歳でした」との説明あり。
最初の訪問はお龍さんのお墓がある浄土宗の信楽寺(シンギョウジ)、
正式名称は宮谷山至心院信楽寺。

三浦 地蔵尊第27番札所で、今年は12年に一度の御開帳の年にあたるとのこと。
次の信誠寺は親鸞聖人を宗祖とする浄土真宗のお寺。
このお寺には初代三浦郡長となり20年間お役を務めた小川茂周のお墓がある。
現在の小川町は茂周が物資搬入のために埋め立てた土地だそうです。

信誠寺から間もなく諏訪神社に到着、
江戸末期、角力大会を連署で代官に願い出たことが三浦相撲の始まり、
奉納相撲には大鵬達を招き多くの観客を集めたとのことです。
本日は小学生が大勢スケッチに来ており賑わっておりました。

昼食休憩を大津公園でとり最後の訪問地市営馬門山墓地に向かう。
明治15年当時の海軍省が開設した墓地で、軍人1592柱が眠っている。
「上海事変戦死者之碑」の文字は元日本ビクター社長野村吉三郎さんの書でした。
この碑の前で記念写真を撮って帰路に就く。
↓クリックで大きくなります↓
↓スライドショーは画像下の▼ボタンで、スナップ写真23枚が手動切り替えできます
京急大津駅に貼られている
ポスター