スライド枠がズレるときは ブラウザの「表示」メニューで、文字サイズを「」にしてください。

204

第524回畦ヶ丸(1292m)Aコース      2011/5/18 中平 勇

↓下の写真をクリックすると「名前入り」になります↓畦ヶ丸山頂にて

行程
小田急新松田駅8時11分発西丹沢自然教室行きバスに乗車
大滝橋下車9時30分ハイキングスタート〜一軒家避難小屋(10時45分)
〜大滝峠上(11時35分)〜畦が丸頂上(12時32分)昼食〜(1時10分)
下山スタート〜善六のタウ〜本棚沢大滝〜西丹沢自然教室(4時)
4時25分発新松田駅行き乗車

参加者   井澤 章・藤森 文夫・生江 勲・橋本 勝・松山 暁紘
         根井 淳・小池 由美子・山内 浩司  以上 8名

担当幹事  山内 浩司  小池 由美子
写真・レポート  山内 浩司
s
平成23年5月18日(水)小田急新松田駅8時集合 
11分発西丹沢自然教室行きバスに乗車・快晴に恵まれ新緑の景色に目を奪われること約1時間
・9時18分畦が丸登山口大滝橋で下車・畦が丸登山始めての方が3名参加されているので
本日の予定及び見所を朝礼にて紹介する。

 なんと言っても新緑の山道を歩くことの気持ち良さ、ミツバツツジ・シロヤシオツツジの花の観賞
・珍しいギンリョウソウの花の探索・メーエベント最後は本棚沢大滝の見学、登り3時間・
下山2時間30分ほど下りは西丹沢特有の滑りやすいザレに気を付けてPM4時25分発のバスに乗車等
かいつまんで説明・朝礼後各自身支度を整えストレッチで体をほぐし9時30分気持ちよい沢風に送られ歩き出す。
 コースは想像していたとうり新緑に包まれ涼しい沢風沢音・鳥のさえずりにメンバー歩行快調40分程歩いて
小休憩後ポイントとなる一軒家避難小屋を目指す。

20分程登り辺りを見回す、例年ならギンリョウソウが出現する傾斜地にさしかかる所だ、
最後尾を歩いていた小池さんのアッタの声で全員振り返る、小さいながらも2輪・3輪とギンリョウソウが咲いていた。
写真に納め歩き始めるその後3〜4ヶ所花を確認一つの目的は達成された。
一軒家避難小屋にコースタイム通りに到着、さらに大滝峠上目指して進む
 沢の音が途切れしばらくして峠上に到着、これから先が今日一番の難所約1時間・目的の一つ濃紫色の
ミツバツツジの花、慎ましやかなシロヤシオツツジの花の出現に目を癒されながらも、
悪戦苦闘の末1292mの頂上に到着する事が出来た。

昼食を取り集合写真を撮影1時10分下山スタート、快調に歩行
を進めてきたが、私の登山歴始めてのアクシデントにみまわれてしまった。
 左膝外側に激痛曲げる事が出来なくなってしまったのだ・・・・
皆さんに迷惑を掛ける事になってしまい申し訳ないとおもいつつも予定しているバスの時間までに下りなくては
いけない、痛みをこらえ助けて頂きながら必死に下山、思うような歩きが出来ず歩行距離と時間に気持ちを焦らせ
ながら何とか本棚沢大滝出合まで到達、見学をパスした方がと話があったが此処まできて見ると見ないでは初めて
参加された人の今日の登山の意味がないと思い見学する事に、出合を登ること5〜6分落差70mの大滝に到着。
メンバー感嘆の声、もう少し時間を取りたかったが後の事を思い、
マイナスイオンを胸一杯に吸い込み大滝を後にした。

コースに戻り後は丹沢自然教室バス停に4時25分までに到着する事を頭に入れて歩く事である。
・・・・・なんとか頑張りPm4時にバス停に到着する事が出来予定のバスに乗車する事が出来ました。
皆さんのご助力に感謝致します
↓クリックで大きくなります↓
↓スライドショーは画像下の▼ボタンで、スナップ写真14枚が手動切り替えできます
一軒屋避難小屋で休憩