スライド枠がズレるときは ブラウザの「表示」メニューで、文字サイズを「」にしてください

第531回 金時山(1212m)Aコース      2011/10/12       中平 勇

コース
 JR 小田原駅バス停8時30分集合・桃源台行バス45分発乗車
 仙石バス停9時55分着〜スタート10時10分〜矢倉沢峠10時45分
 〜分岐(11時20分)〜金時山頂上(11時50分)昼食 12時30分
 下山スタート〜金時神社(13時30分)〜仙石バス停〜小田原駅解散

参加者  川崎 勝弘・ 山本 三樹夫・ 大曽根 収・ 松山 暁紘
     根井 淳・ 南 健輔・ 小池 由美子・ 山内 浩司
                          以上 8名

担当幹事  山内 浩司 ・ 小池 由美子

写真・レポート   山内 浩司

↓下の写真をクリックすると「名前入り」になります↓
金時山山頂にて

平成23年10月12日(水)JR小田原駅バス停に8名が集合8時45分発桃源台行バスに乗車、
天候が良いにもかかわらず参加者8名はチョット淋しい感じがする。
先週雨で順延された為か・集合時間が早い為か?・・・・
震災以降箱根の観光客が少なく成ったと報道されていたが箱根湯元駅には沢山の人達がバスを待っていた。
いっぺんにバスは満員に、途中の乗降に時間が掛かり仙石バス停に着いたのは一時間も掛かってしまった。
帰りのバスも満員で途中のバス停を通過する程でした。
何はともあれ観光客が戻った事は地元箱根に取っては喜ばしい事である、
本筋のハイキングに話を戻しますとバス停から5分程の駐車場をお借りして朝礼
・ストレッチ・トイレをすませ10時10分歩き出す、今回のメンバーは8人中7名が金時山には
何回も登っているので幹事としては楽である。
普通に登れば90分程で頂上につけるコースなので12時を目標にゆっくりと進む、
矢倉沢峠に10時45分に到着さすがに暑くなり汗が出てくる。小休後頂上目指して歩き始める、
ウイークデーにもかかわらず今はやりの山ガールが多いのには驚く、
急な登りもこの時季に咲く野菊やリンドウ・マツムシソウの花に癒され快適に登り予定より
10分早く11時50分到着・頂上は小学生の団体・山ガール・おじい・おばあ・
でいっぱいまだまだ日本は平和だ?・・
         騒々しい中、昼食をとり集合写真を撮って12時30分下山、
天候は思っていたより悪く今日も富士山は見られなかった。
滑りやすいコースに気を付けながら分岐に着く帰りは金時神社に降りるコースをとり
13時30分神社に参拝後、身支度を整え仙石バス停に向かう、
バス停近くで小田原駅行きバスを確認メンバー走ってバスに乗り込む(間一髪息が切れた)
バスは前述したとおり満員で湯元駅までたちんぼうこんなことは珍しい、
行きも帰りもバスは満員でしたが心地よい秋の山を堪能することが出来ました。

      ↓スライドショーは画像下の▼ボタンで、スナップ写真15枚が手動切り替えできます