スライド枠がズレるときは ブラウザの「表示」メニューで、文字サイズを「」にしてください

第545回 観音崎公園ハイキングCコース   2012/6/13 中平 勇


天 候 曇り    気 温 18度

コース概要
京急馬堀海岸集合→うみかぜ画廊→森のロッジ→東京湾海上交通センター→観音崎灯台→
横須賀美術館→走水神社→馬堀海岸駅→解散
    歩程・85分   

担当・福山/高橋   写真・福山/中平



↓下の写真をクリックすると「名前入り」になります↓
森のロッジにて

参加者 合計 23名 (敬称略)
田中光義、古川 正、神 輝彦、後藤 孝、小倉通男、菅沼喜久次、山本三樹夫、中平 勇、
佐々木一三、則岡和雄、藤森文夫、川崎勝弘、斎藤豊二、高橋武久、戸川照子、弘海昭雄、
生江 勲、多田 晋、加部祥司、平野 猛、山本 治、弘海愛子、福山宰治

特記事項・報告者 福山宰治

 うっとうしい梅雨の季節に入った関東甲信越。ハイキングの実施が危ぶまれる中で、当日は日差しが顔を覗かせてくれた天気となった。
 今回のコースは「ゆるり散策・海と伝説と芸術」をテーマに「観音崎公園めぐり」を実施した。
 京急馬堀海岸駅をスタートに、まずは東京湾を眺めながら「うみかぜ画廊」を散策し、森のロッジへと進んだ。
 時間は早いがロッジで森林浴をしながら昼食を取って観音崎公園へと向かった。
午後のコースは東京湾海上交通センター、日本で最初の洋式灯台、5年前に開館した横須賀美術館、美術館の外壁はガラス張りで解放的な建物であり、館内はお客様がいっぱいで昼食時も重なってレストランは女性客で満席だった。
 今コースの最後は、伝説の走水神社に立ち寄った。境内には日本武尊の昔話や、パワースポットが数カ所在りお参りをして開運を頂いた。
 その後、終着駅の馬堀海岸駅へと足を進め今コースの幕を閉じた。お疲れ様でした。
以上


     ↓スライドショーは画像下の▼ボタンで、スナップ写真20枚が手動切り替えできます